キャッシングに関する法律について

法律で定められた範囲で金利をつけることで、キャッシングは儲けを得ています。
法律の意味とは、一体何でしょうか。
キャッシングの金利の利率は、出資法という貸金業者に対して融資利息の上限を定める法律で定められています。
29.
2%以上の金利を設定すると、出資法違反ということになります。
100万円を年率29.
2%で借りると、一年後の利息は29万2000円となり、返済総額は129万2000円となります。
けれども、今では貸金業者の利息上限をである利息制限法の金利が、実際つけられる金利の上限数値になっています。
利息制限法では、どこまでが利用可能な金利となるか、状況によって決められています。
100万円のキャッシングを利用した場合、一年借りた場合に15万円の利息がつくのは、金利15%以下なんった場合でしょう。
数字の差は2つの法には相容れない曖昧な点があるということを意味しており、曖昧な金利帯はグレーゾーン金利と呼ばれていました。
利息制限基準法に反しているけれど、出資法はまもられていることが、かつてはありました。
この矛盾をただすため、出資法が2010年6月に見直され、グレーゾーン金利に相当する金利はなくなりました。
グレーゾーン金利がなくなったことで文字通り白黒はっきりつくようになり、今までは合法の金利でも違法の金利になる可能性が出ています。
キャッシングを行う時は、金利にはどんな意味があるかを把握しておきましょう。